2009-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED 小田急2000形 2052F [各停| 伊勢原 ] ほか



3色LEDからフルカラーLEDに更新された2052F


 2052FのLED式種別・行先表示器が側面、前面ともフルカラーLED、ゴシック体に変更されたのを確認しました。なお前面の行先表示器の英字部分は変更前と同じ書体の模様です。

 3色LEDからフルカラーLEDへ更新されたことから、2052F他の編成みならず、3色LEDの表示器を搭載する他形式へも波及するのかが注目されます。

 この更新によりゴシックの区間準急表示を初めて見ることができるのではと思われます(非常時を除く)。

 
伊勢原(前面)                        成城学園前(前面)

 従来の2000形の表示器では、個々のLEDに深めの庇があるため、斜めから見ると文字がほとんど読めず、正面気味の位置でないと文字が確認できませんでした。 このLEDは斜めから見ても全く問題なく、視認性において非常に優れています。
 伊勢原ゆきは意外にも見かけることの多い表示ですが、成城学園前ゆきはなかなか見かけません。



 
各停 伊 勢 原                         各停成城学園前

 8000形フルカラーLED表示器(ゴシックタイプ)と同様に見えますが、多少異なる個所があります。
 このタイプの表示器でも行先の文字数に合わせて種別部分の幅が変わっていることがわかります。


 最後に再現を置きます。

続きを表示 »

スポンサーサイト

LED 小田急 8000形 8051F+8260F [急行| 本厚木 ]


小田原で発車待ちの本厚木ゆき急行(休日1008レ)に充当される 8051F + 8260F


 この編成はずっと連結した状態で運用についているのをほぼ毎日のように見かけております。この編成は、4両編成の8051Fを新宿寄り先頭に、6両編成の8260Fが連結されています。どちらもフルカラーLEDの行先表示器ですが、現時点では唯一ゴシック系と明朝系の2種類の書体を同時に見ることのできる、ちょっとした一石二鳥な編成でもあり、個人的には夜間の希少な運用に入るところに注目しています。

 今回は本厚木行き急行に充当されるところをキャッチすることができましたので、LED表示の紹介をしてまいります。



 
急行 本 厚 木

 他形式の列車で本厚木ゆきの表示は各停でよく見かけることができますが、このゴシック系は相模大野から本厚木ゆき各停に変わる列車でしか見かけることができないと思われます。

 本厚木ゆき急行は休日の夜に3本の設定(1006レ、1008レ、1010レ)があり、小田原→新松田間の10両編成が停まらない5駅を通過し、あとは本厚木まで各駅に停まる不思議な列車です。本厚木到着後はそのまま海老名方面へ回送で上っていきます。

 なお、表示は愛甲石田を発車したところで回送に切り替わってしまいます。


 最後に再現を置きます。
 

続きを表示 »

LED 都営6300形 [ 西高島平 ] (種別なし)ほか

 地下鉄路線でも乗り入れのある路線では多様な行先が用意されており、表示のバリエーションに富んでいます。

 
西高島平                 高 島 平
西高島平ゆきが中心で、高島平ゆき列車は割と多く見かけます。
高島平には東京都交通局志村車両検修場への出入場線があります。



 
白金高輪                 武蔵小杉
東京メトロ南北線からの接続があるときは白金高輪止まりになります。
東急目黒線日吉延長前は平日休日問わず数多くあった武蔵小杉ゆきが現在では平日朝の3本のみになりました(都営車)。


 
御 成 門                 臨 時
旧ダイヤには平日朝のみ運転の御成門ゆきがありました。
都営車によるみなとみらい号は臨時表示で運転されます。英字が併記されません。



 最後に再現を置きます。
 

続きを表示 »

LED 阪急梅田 ラガールビジョンごく一部

 

阪急梅田 ラガールビジョン (LED式)


 阪急梅田に多くある発車案内のうち、3階改札口すぐにある表示器はラガールビジョンといわれる巨大なLED式の発車案内があります。現在の表示器に取り替えられる前は光ファイバー式という鉄道にはあまり前例のない表示器でした。旧ラガールビジョンには、他の鉄道会社の発車案内にはない独特の表示方法でした。

 1. 号線、時刻、種別、行先、通常表示
 2. 号線、種別が点滅
 3. 号線、時刻、種別、行先 と ただいま発車いたします の交互表示
 4. 時刻、種別、行き先 (号線が非表示に)
 5. 停車駅案内も含めて1行が消灯
 6. 次発以降の案内が消灯したところへ上部へスクロール移動 


 右半分の停車駅案内の背景には、沿線催事の広告を流していました。初めて見た時はNHKの画面に似ていましたので、NHKニュースを流していたのかなと思ってしまいました。停車駅案内の文字が重なった時は多少読みにくかったです。

 現在のLED式は6.のスクロール表示がなくなりましたが、1.~5.の表示方法を踏襲しています。


英字のフォントが角ばっており独特です



右半分の停車駅案内と備考を表示しています 左のLEDよりもドットが非常に細かいです



 以上です。

 .....と書くと 『 あれ 再現は? 』 と思われるかもしれません。


 やはり今回も最後に再現を置きます。

 

続きを表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

dp

Author:dp
◆日頃からお世話になっている西武線をごく稀にメモするブログです。
◆西武線だけに限らず、LED方向幕の紹介と再現をメインに取り扱っております。

◆LED方向幕の再現にあたり、参考にした画像は全てdpが記録したものを用い、同時に画像も併せて紹介するのが当ブログのポリシーとしております(一部、データ消失により省略しているところがあります)。
 LED方向幕の画像をご提供いただいたものについてはその旨を明記します。

◆SeibuK/LEDへのご連絡・ご要望、LED画像のご提供に関しましては下のメールフォームからお願いします。
 ■管理人へメールを送る

◆コメントは承認制としております。表示されるまで時間をいただくことになりますことを予めご了承ください。お手数をおかけいたしますが、コメントにはNameも一緒にお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。