2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED 成田スカイアクセス関連 3050形 [ アクセス特急 成田空港 ] ほか

 
 新ルート「成田スカイアクセス」開業に伴い、LEDの表示内容が更新されました。

 都心部~成田空港が 2経路となるため、同区間を運転する列車は行先に加えて経路表示が新たに追加されました。

 さらに、京成の車両では初の交互表示となっています。



 
『アクセス特急』には飛行機マーク有無の2パターンがあるが、表示される基準がわからない
押上にて撮影 (3050形) ( 都営線 → 京成線 )
新ルート「成田スカイアクセス」開業を強く印象付ける表示



 
都営線内では『アクセス特急』の表示はせず、更新前と同様に飛行機マークのままとなる
更新後は種別が縁取り文字になっているのが特徴
成田スカイアクセス線経由の一般車両は3050形および京急600形、新1000形に限定されているようである



 
更新前は『快特』表示であったが、フル表示『快速特急』に改められた
ホームのLED案内標は『船橋経由』表示だが、列車は『京成本線経由』と表示
(3700形と思われるが番号については失念)





 最後に再現を置きます。



文字数が多い種別の縁取りに少々の例外がみられる
相鉄、近鉄と同じように種別が縁取り文字というまだ少数派なパターン


都営線内の表示
京王の交互表示以来、再現に時間がかかるのは久しぶり



交互表示間隔は日英とも4sec.
当然のことながら、成田空港へ行かない列車は固定表示のままである





以下、おまけ


 
アクセス特急(飛行機マーク有)
更新前は『品川経由印旛日本医大』など、経由表示があったが、『成田スカイアクセス線経由』の表示はない

 
快特(飛行機マーク有)
狭い種別表示エリアだが、京成車よりも英語表示が認識しやすい


おまけの最後に再現をokimasu




京成車と同様に縁取り文字となった
縁取り文字となった編成は、現時点でまだ多くはない模様


快特、快速特急、×快特を使い分けるのはあまり例がないと思われる
英語に至っては特急も同じ『Ltd Exp.』表記






 LED表示の大規模な更新は久しぶりです。
 私の他にもLED表示の再現をされている方もおられ、個人的には大変勉強になっています。

 本記事は『途中』から正式版に更新しました。新AEの表示器についても今後、再現を紹介してまいります。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

こんにちは

途中ということですが相変わらずお早いですね~
以前見られた表示は営業運転で使うことはなかったようですね。

京急車もここ最近縁取り付きの表示に変更されてきていますよ。

Re: こんにちは

こんにちは。
気になるLED表示ほど早く取り上げるのがチョットしたモットーです(笑)。
デザインよりも視認性が優先されたようですね。

京急車の縁取り文字なかなか見かけません。
成田スカイアクセス線に乗り入れる列車に限定していそうな気がしました。

飛行機マークの有無について

こんにちは Trainpcです。
いくつかの疑問に答えられそうなので、お答えしたいと思います。

まず、アクセス特急に飛行機マークが付くか付かないかという話ですが、これはダイヤ改正前の快速に似ています。都営浅草線内、エアポート快特になるかどうかの問題です。都営浅草線内急行運転(一部駅を通過するもの)する列車はエアポート快特に統一されています。そのため、地下鉄線内の種別を予告する意味で飛行機マークが付いているものと見られます。なお、前述したとおり、都営浅草線内の急行運転はエアポート快特だけですので、京成線内アクセス特急になるが、都営浅草線内エアポート快特の列車は、(エアポート)アクセス特急とせずに、押上駅での種別表示変更で対応しています。
これが、都営浅草線内で急行が残っていることと関わってきているのではないかと個人的には思います。
なお、京成線内での扱いは曖昧で、表示類は飛行機マークを都営浅草線内の種別に準じて付けますが、読む際には、エアポートをつけたり付けなかったりとなっています。

また、快特と快速特急の違いですが、、、
京成線内では、2002年に快速が新設された後、2006年に特急の停車駅を見直す形で快特が登場しました。しかし、この二つは発音がほぼ同じな上、3色LEDでは同じ緑色で乗客からの不満が多かったらしく、8か月ほど後に快速特急と案内の一部を変更しました。いまでは乗客向けの案内に快特を見られることはなく、どちらが正式名なのか分かりません。
なお、ダイヤ改正前に京急線内で快速特急表示の京成車がいましたが、京急側は快特を正式名としていたため実際には種別の表記が正しくない事態もありました(現在京成車の京急線内快特運用は消滅)。現状のダイヤでは都営車による快速特急運用がありますが、これは快特表示で運転している他、5月から7月のダイヤでは京急車による快速特急運用もありましたが、これも同じく快特表示で運転されました。(つまり、快特と快速特急にそこまで細かい区別はない。)

長ったらしくなりましたが、以上のような感じです。

飛行機マーク
種別に飛行機マークがつく列車が都営線内急行運転の目印ということが、今更ですがやっと理解しました。

直通列車の種別に一貫性や規則性がないのは乗車するときに迷いますね。都営線内で案内されても騒音で掻き消されてなかなか聞き取れませんし。車内で文字による案内の徹底を期待したいところです。


快特、快速特急の区別
確かに、快特、快速、どちらも母音が同じで都営線内のホームでは違いが聞き取れず区別がつきにくかったです。
京成線内の快速を急行に改め、快速特急を快特に戻せば京急線とほぼ同じ種別におさまりますね。


詳細な解説ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://deepbluegreensea.blog108.fc2.com/tb.php/112-3d6b33fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

dp

Author:dp
◆日頃からお世話になっている西武線をごく稀にメモするブログです。
◆西武線だけに限らず、LED方向幕の紹介と再現をメインに取り扱っております。

◆LED方向幕の再現にあたり、参考にした画像は全てdpが記録したものを用い、同時に画像も併せて紹介するのが当ブログのポリシーとしております(一部、データ消失により省略しているところがあります)。
 LED方向幕の画像をご提供いただいたものについてはその旨を明記します。

◆SeibuK/LEDへのご連絡・ご要望、LED画像のご提供に関しましては下のメールフォームからお願いします。
 ■管理人へメールを送る

◆コメントは承認制としております。表示されるまで時間をいただくことになりますことを予めご了承ください。お手数をおかけいたしますが、コメントにはNameも一緒にお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。