2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED 東急 8500系  [ 通勤準急 南栗橋]

   若干古めの記録を1つ紹介します。


   
   南栗橋ゆき通勤準急   記録は2003年11月末の平日

   2006年3月改正に急行に変更される形で消滅した


   さいごに再現をおきます


   
   狭小な枠に収まるよう、文字が天地方向にややつぶれている


LED 近鉄 22600系  [ 特急 全席指定 大阪上本町] ほか

 
   
   近鉄の列車では初採用となるフルカラーLED表示器をもつ
   (ホーム発車標は1996~1999年頃の間(うろ覚え)にすでに稼働しており、導入はかなり早かった)
   正面のみに設置されており、22000系と同様に運転席とは反対の位置
   (交互表示を行うこともある)


   
   近鉄では通勤型車両のみならず、特急車両(貫通型)でも最新車両と古参車両との併結が日常的に行われる
   車体の大きさ、断面形状が大きく異なっている様子がよくわかる
   (左の形式は失念だが、2両編成は確か)


   
   白色文字の縁は消灯しているように見えたが、よく見ると輝度を落としての点灯であった
   相鉄、東急、京急、京成、東京メトロなど関東私鉄各社で採用されつつある縁取り表示パターンは、
  完全消灯であるが、この近鉄ではわずかに点灯させている
   (関西私鉄では初の縁取り表示パターンと思われる)


   特急車両全体の中ではまだ少なく、地域・路線によっては見られる頻度が全く異なるようです。
   近鉄時刻表にロゴマークが掲載されるように、固定的な運用に就く看板列車とは異なり、
  運用が全く掴めないため、下調べをもとにして確実に遭遇するにはまだ難しいところです。

   今回は『…奈良→京都→賢島…』という流れで運用に入っているところを記録できました。
   賢島ゆきの京伊特急は、私鉄における同一会社路線内の運転では断トツの長距離(195.2km)を誇りますね。


   以下に参考資料を並べます。
   
   上本町ゆき

   
   名古屋ゆき

   
   鳥羽ゆき  『 羽 』の表示は京急・京成・北総(羽田空港)、南海(羽倉崎)でも共通


   
   10号車 特急 全席指定 大阪上本町

   
   号車 LIMITED EXPRESS ALL SEATS RESERVED 名 古 屋

   
   号車 LIMITED EXPRESS ALL SEATS RESERVED 鳥  羽

   
   号車 特急 全席指定 賢  島



   最後に再現を置きます。


   
   
   大型連休やシーズン時には10連の特急が複数運転される 鳥羽以南の志摩線は8両まで


   
   
   日常的にみられる表示  交互表示間隔は日英 6 - 3sec.


   
   
   こちらも日常的にみられる表示


   
   
   大和八木で阪伊特急の後方に連結する京都方面からの列車は、号車がアルファベット表示となる

   22600系以外の特急車両にも、字幕からフルカラーLEDに交換した30000系があるようです。
   しかし、車番が小さく、確認しづらいということもあり、どの編成が該当するのか把握しきれていません。


   情報、表示の参考資料をお待ちしております。
 

LED 阪急 9300系  [ 桂 ] □□ [ 準 急 ]

 
   
   平日終電間際の1本のみの運転   梅田24:00発

   この桂ゆき準急列車はここ数年の改正時に、高槻市ゆき準急から延長されるかたちで設定されたもよう。




   再現を置きます。

     
   基本的に9300系が充当されるが、LED式か字幕式かの遭遇確率はおよそ半々といったところ
 

LED 京王9000系 [各停| 多摩動物公園 ]

   3/11にてダイヤ改正が行われる京王線では、3/6が改正前の土曜休日ダイヤ最終日です。

   9000形の表示器で、初期型の小型タイプで

   『各停 多摩動物公園』
      ↑     ↓
   『新宿から 急行 多摩動物公園行』

   を再現されていらっしゃる方を見かけませんでしたので、今回の記事にとりあげてみることにしました。

    
   各停 多摩動物公園  ⇔  新宿から 急行 多摩動物公園行
   京王線・都営新宿線ダイヤ改正でこの表示が見られなくなるとTrainPCさんより知り、
   なんとか取材を試みようとした表示器です。

   最終日となる885K列車には、運よく希少な初期タイプの表示器を備えている9032Fが充当されました。

   最後に再現をおきます。


   
   都営線・京王線相互直通に関しては、『新宿から急行多摩動物公園行』の英文は表示されない。


   2009-10-10の記事などでも同型の表示を紹介しております。
   そのほかの表示に関しましては、左の『ブログ内検索』で『京王』を入力していただくと、リストアップされます。


   本列車のご情報をいただいたTrainPCさんに感謝いたします。
 

LED 阪急梅田 ラガールビジョンごく一部 3

   今年もこの日がやってまいりました。ラガールビジョンの紹介 第3弾です。


   
   ラガールビジョンは他鉄道会社のLED表示器の追随を許さない表示器
   日生エクスプレスの斜字ロゴまでこだわって表示することには驚いた


   
   備考欄一杯に表示されているパターンを複数枚撮影し、LEDのドット数をカウントしました
   その結果、縦304dot×横704dotという結果になりました

   
   縦方向は注視しない限り分らないですが、上から128dot目と129dot目の間がわずかに離れています
   表示エリアを縦128dotと縦176dotの2つに分け、縦計304dotとしているようでした


   
   さらによく観察すると、特定の行で重複の表示がある模様
   備考欄全体で上から8行目の文字列に、1dot分の重複がある

   
   参考までに、備考欄全体で上から1行目の文字列
   幾つかの画像を比較しても特定の行の文字列で同様の表示があることから、手ぶれではないことは確か



   号線表示、発車時刻・種別・行先表示、備考欄表示をまとめて再現するにあたり、問題点が生じてしまいます。
   ドットの大きさ・ピッチがそれぞれ異なるという問題。
   これには対処のしようがなく、再現後の画像を縮小加工するという手法でまとめて再現することにしました。


 最後に再現を置きます


   
   画像をクリックすると、発車時刻・種別・行先表示を1ドット基準とした大きめの表示が表示されます
   発車直前の表示パターンを入れたGIFアニメーションはファイル容量の都合上、今回も入れておりません
   なるべく軽量になるよう工夫を重ねていきます




 当ブログは本日でありがたく 4周年を迎える運びとなりました。
 毎年この日にラガールビジョンを紹介すると決めてから3回目です。
 1年前からこの日までの間にまたまた多様なLED表示器が登場しました。
 それについても紹介して参ります。また、ホーム発車標も少しずつではありますが、増やしていきます。
 引き続き、細く、長く続けられるように努める所存ですので、みなさま、どうぞ当ブログよろしくお願い申し上げます。
                                    SeibuK/LED  管理者dp

«  | HOME |  »

プロフィール

dp

Author:dp
◆日頃からお世話になっている西武線をごく稀にメモするブログです。
◆西武線だけに限らず、LED方向幕の紹介と再現をメインに取り扱っております。

◆LED方向幕の再現にあたり、参考にした画像は全てdpが記録したものを用い、同時に画像も併せて紹介するのが当ブログのポリシーとしております(一部、データ消失により省略しているところがあります)。
 LED方向幕の画像をご提供いただいたものについてはその旨を明記します。

◆SeibuK/LEDへのご連絡・ご要望、LED画像のご提供に関しましては下のメールフォームからお願いします。
 ■管理人へメールを送る

◆コメントは承認制としております。表示されるまで時間をいただくことになりますことを予めご了承ください。お手数をおかけいたしますが、コメントにはNameも一緒にお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。